アメーバジュニア全機能一覧紹介

 

2014-05-13_092248

利便性を追究したアメーバジュニアの機能を一覧でご紹介しましょう。

 

 

ame01

ダウンロードどんな人を集めたいのか、どんな人に知ってほしいのか、
ID抽出の段階でユーザーの属性やターゲットを絞ることが可能です。

直接キーワードを入力して、ダイレクトにターゲットを集めることや
グルっぽに集まっているまとまった属性を一気に集客することも可能。

自由自在に操作することで集客効果は格段に飛躍していくでしょう。

自動ID抽出機能の詳細はこちら

 

ame02

businessman_01_g_bk

複数所持しているアメブロアカウントをすべて管理することができます。
なので、IDやPASSもいちいちメモを取ったり暗記したりせずに、
ワンクリックで切り替えが可能なので、管理が非常に楽になります。

さらに、アカウント管理は無制限で登録することが可能なので、
複数アカウントを持っている方からすろと非常に便利な機能ですね。
アカウント複数管理の詳細はこちら

 

ame03

ダウンロード (1)

自動で最大500件をペタをしてくれる機能。
たくさんペタをして、自分の存在に気づいてもらうことで
ファーストコンタクトを送り、集客へと繋げることができます。

これだけでアクセス数がブログ作成二日目で1000PVを超えることも。
自動ペタ機能の詳細はこちら

 

ame04

sample業界初となる機能が搭載された読者登録機能。
一般的なアメブロツールであれば、画像認証をする必要があります。
この場合、番号を手で入力する必要があるので、
自動ではなく手動になってしまいます。

当ツールは、入力さえも半自動で行うことができるのです。
誰も実施していない業界初ツールの良さは、使用するとすぐわかります。
ものすごい便利な機能であることを。

半自動読者登録の詳細はこちら

 

ame05

058自分が誰かのブログの読者に一方的になっている場合、読者を解除します。
すべてワンクリックでできるので、難しいことは一切しません。

読者登録をする人の集客効率の質を高めていくために、
読者メンテナンスを実施するのです。
意外とできていない人が多い抜け道です。

読者メンテナンス機能の詳細はこちら

 

ame06

d95d41efab9a3f9f419b01b264dd2ace_300_225最近アメブロに登場したいいね機能。
ですが、多くのアメブロツールでは、いいね機能が無いものや
エラーが多発するものばかりです。

不具合無しのプログラムパターンを作成しているのが、
このアメーバジュニアです。実際使える機能としては
業界初ではないでしょうか。

自動いいね機能の詳細はこちら

 

 

 

ame07

material_87_1

アメブロアカウントを削除したいとき、
記事を別のアカウントに移動しておきたいとき、
消えても大丈夫なように保存しておきたいとき、

そんなときにこのバックアップ機能が超便利です。

アメブロ記事バックアップの詳細はこちら

ame08

img-04

先ほどバックアップした記事を
簡単に復元することができます。

AのアカウントからBのアカウントに移動したり、
新しくアメブロを作り直して復元したり、
あなたの必要な用途に合わせて自由に使えます。

アメブロ記事の復元機能の詳細はこちら

 

ame09

d0f2560e08f0f268bd4ffe86367b50d2

ID抽出、自動ぺた、読者申請、メンテナンス、
その他アメーバジュニアに搭載されている機能は
すべて同時進行させることができます。

徹底的に効率よさを求め、導入しました。

マルチ操作の詳細はこちら

 

ame10

sinnka

一度抽出したIDを、ぺたや読者申請、アメンバー申請など、
別の場所にそのまま移行させて使用することが可能。
同じターゲットのまま、多方面でアプローチできます。

抽出したIDの引き継ぎ機能の詳細はこちら

 

 

ame11

1203

定型文を抽出したIDに反自動でメッセージを送信できます。
これは読者申請と同様、画像認証を自動通過することができます。

タグを使用すれば相手の名前を差し込むことも可能です。
これでより反応の高い集客を実施できます。

半自動メッセージ送信の詳細はこちら

 

ame12

project-team1

アメンバー申請も、読者申請とメッセージ同様です。

画像認証を自動認識して進めることができます。

他のツールには無い業界初の機能を搭載しているので、
利便性は格段に増しております。

半自動アメンバー申請の詳細はこちら

 

 

 

 



コメントを残す